インフォメーション

平成30年度 第1回 八協共選生産者大会

平成30年度 第1回 八協共選生産者大会 が 平成30年6月28日に開催されました。

副題に「次世代へつなぐ産地づくりへの挑戦」が挙げられ、需要に応じた生産性と品質の向上を目途に

生産者が一丸となって取り組みをおこなうよう意思統一が図られました。

開会に先立ちまして「菊池秀夫 委員長」よりご挨拶。(下の画像)

生産対策として、摘果管理、マルチ被覆を徹底し、

八協共選の品質目標である平均糖度11.5以上(12.0以上が40%以上)となるよう

一歩前進した「味にこだわる夏季管理」についての説明が

JAにしうわ 営農指導員よりおこなわれました。(下の画像)

平成30年度 温州受入要領(案)について説明をおこなう「菊池政弘 副委員長」(下の画像)

平成30年度 温州受入区分別支払単価保証について説明をおこなう「菊池秀夫 委員長」(下の画像)

また、意見交換会においては来賓の

「東一東京青果㈱ 大野マネージャー 様」「㈱大宮中央青果市場 吉野副部長 様」

「札幌みらい中央青果㈱ 木澤取締役 様」「JA全農青果センター㈱ 津田部長 様」を交えて

販売者サイドから生産者に対して求めていることや、生産者側から販売者への要望など、

積極的な意見交換がおこなわれ、今後の八協産地づくりの指針が明確になりました。

「東一東京青果㈱ 大野マネージャー」(上の画像) 「㈱大宮中央青果市場 吉野副部長」(上の画像) 「札幌みらい中央青果㈱ 木澤取締役」(上の画像) 「JA全農青果センター㈱ 津田部長」(上の画像)

生産者側から販売者への要望などが述べられました。

事務局から販売者サイドへの意見交換も積極的におこなわれました。

 

Return Top